STANDARD

  1. 透明アクリル素材の研磨事例

    Formlabs Form 2で造形した透明アクリル素材の研磨事例これまで、SLS方式で造形されたナイロン素材の研磨事例や、FDM方式で造形されたABS素材の研磨事例など、様々な造形方式と3Dプリント素材の研磨(表面仕上げ)事例をご紹介してきましたが。

  2. 複数の造形方式と材料を使った研磨事例

    StratasysのFDM機とRolandDGの光造形機をつかった複合素材のモックアップの研磨事例今回のモックアップでは、下記2種類の造形方式と3種類の材料を組み合わせたモックアップ事例としてご紹介しています。

  3. Polyjet様式アクリル素材の研磨事例

    今夏実施されたStratasys DDMフォーラム 2015にて開催された、研磨体験のワークショップこの際配布された造形物を持ち帰り、TuneD3を使って研磨仕上げしてみました。各工程の詳細は、こちらの記事にてご紹介しております。

  4. 『メロポンだし!』3Dプリントスマホケース

    東村アキコさん原作の『メロポンだし!』3Dプリントスマホケースを研磨以前ご紹介した3Dプリント『鬼灯の冷徹』iPhoneケースに次ぐ企画作品として、東村アキコさん原作の人気漫画『メロポンだし!』の3Dプリントスマホケースを製作いたしました。

  5. 黒色アクリル素材3Dプリント造形品の研磨事例

    3Dプリントした黒色アクリル材料の研磨事例黒色材料で3Dプリントしたアクリル造形品を、TuneD3 BASIC、TuneD3 Hi POLISHの2種類を利用し20分間研磨。見事な光沢面に仕上げることができました!写真左は、造形後(サポートを取り除いた状態)。

  6. アクリル系造形品の研磨事例

    アクリル系3Dプリント造形品の研磨事例紹介インクジェット系3Dプリンターによる造形品には、サポート材などの付着により、表面がマット感(ザラザラと濁ったような状態)になりますが、適切な研磨処理をおこなえば、写真のような透明感のある光沢処理が可能です。

  7. マルチマテリアル素材の仕上げ見本2

    先日お伝えしたマルチマテリル対応インクジェットプリンターで出力したアクリル造形品ですが、今回また新たなマルチマテリアル造形品の仕上げ見本をご紹介いたします。前回同様、TuneD3 STANDARDで研磨した医療用モデルです。

  8. マルチマテリアル素材の仕上げ見本

    Stratasysのマルチマテリル対応インクジェットプリンターで出力したアクリル造形品を、TuneD3 STANDARDで研磨しました。白濁し、透明感が失われたアクリル部分をTuneD3 STANDARDで研磨。所要時間20分程度でここまで仕上ることが可能です。

  9. 3Dプリント造形した「鬼灯の冷徹」iPhoneケース事例のご紹介

    3DSystems Projetシリーズで3Dプリントした高精細アクリル造形品の仕上げ事例のご紹介id.artsがディレクションを担当させていただきました、『講談社 Dモーニング リニューアル特別記念「鬼灯の冷徹」ご愛読感謝記念』のために製作した「3Dプリント鬼灯さまスマホケース」について、仕上...

  10. STANDARDによるアクリル造形品の仕上げ事例

    RolandDG光造形機「ARM-10」で造形したアクリル製品の事例紹介ARM-10によるアクリル樹脂の仕上げ加工方法についてご紹介しています。

ページ上部へ戻る