仕上げ加工事例

  1. Form 2 アクリル研磨事例第二弾

    Formlabs Form 2で造形したアクリル素材研磨事例 第二弾前回ご紹介したアクリル研磨事例「透明アクリル素材の研磨事例」に次いで、今回もFormlabs Form 2で3Dプリント造形したアクリル素材の研磨事例をご紹介。

  2. 透明アクリル素材の研磨事例

    Formlabs Form 2で造形した透明アクリル素材の研磨事例これまで、SLS方式で造形されたナイロン素材の研磨事例や、FDM方式で造形されたABS素材の研磨事例など、様々な造形方式と3Dプリント素材の研磨(表面仕上げ)事例をご紹介してきましたが。

  3. 研磨プロセス最新事例『ミラノサローネ出品作品』

    ミラノサローネ出展作品 nendo「50 MANGA CHAIRS」の研磨工程でTuneD3が適用されましたnendo 公式サイトよりイタリアで開催された「ミラノ・サローネ国際家具見本市 2016」に出品されているnendo(有限会社nendo 代表:佐藤オオキ氏)様が出展された、漫...

  4. Polyjet様式アクリル素材の研磨事例

    今夏実施されたStratasys DDMフォーラム 2015にて開催された、研磨体験のワークショップこの際配布された造形物を持ち帰り、TuneD3を使って研磨仕上げしてみました。各工程の詳細は、こちらの記事にてご紹介しております。

  5. 話題の飲料ボトルを3Dプリント~研磨

    シリーズ誕生30周年を記念し限定発売された某飲料メーカーのペットボトルを3Dプリントし、TuneD3で研磨してみました!シリーズ作品中で描かれた未来「2015年」に登場したこのボトル。

  6. ポリカーボネート素材研磨事例

    Polymaker最新ポリカーボネイト素材『PC-Plus』の造形テストを兼ねて、TuneD3による研磨検証を行ってみましたPolymaker最新フィラメント『PC-Plus』は、FDM/FFF方式3Dプリンターで利用可能な高強度&耐熱性を有するフィラメントで、様々な用途への活用が期待さ...

  7. 『メロポンだし!』3Dプリントスマホケース

    東村アキコさん原作の『メロポンだし!』3Dプリントスマホケースを研磨以前ご紹介した3Dプリント『鬼灯の冷徹』iPhoneケースに次ぐ企画作品として、東村アキコさん原作の人気漫画『メロポンだし!』の3Dプリントスマホケースを製作いたしました。

  8. DMM生まれの3Dプリントバイクパーツ研磨について

    DMM.make AKIBA生まれのバイクフレームDFM01に実装されたチタンパーツ研磨について、Mipox技術者への取材記事をアップしました。DMM.make AKIBAとTriple Bottom Lineが共同開発したロードバイクフレームDFM01。

  9. DMM.make AKIBAとコラボしたチタンバイクフレームを研磨

    DMM.make AKIBAとTripleBottomLineが共同開発した3Dプリントパーツバイクフレーム『DFM01』の仕上げ処理にTuneD3シリーズを活用国内外の大手メディアでも話題となった、DMM.make AKIBAと英国デザインスタジオTripleBottomLineが共同開発...

  10. 黒色アクリル素材3Dプリント造形品の研磨事例

    3Dプリントした黒色アクリル材料の研磨事例黒色材料で3Dプリントしたアクリル造形品を、TuneD3 BASIC、TuneD3 Hi POLISHの2種類を利用し20分間研磨。見事な光沢面に仕上げることができました!写真左は、造形後(サポートを取り除いた状態)。

ページ上部へ戻る